andrew-hancock-mobile

アンドリュー・ハンコック

アクション、ポートレート、ルポタージュ写真家

フォトジャーナリストとしてキャリアをスタートしたアンドリュー・ハンコックは、スポーツの世界でアクション、ポートレート、ルポルタージュを得意とするカメラマンとして知られています。広告および報道・出版の両方を手がけ、有名なメディア機関だけでなく、スポーツリーグ、スポーツチーム、学校、アパレル企業にも作品を提供しています。

アンドリュー・ハンコックと つながる

お勧めの作品

"「信頼性は大切です。私は信頼の置ける機材を使って数多くの仕事をこなしてきました。G-Technologyのドライブのような機材があれば、自分の能力をとことん発揮して仕事をすることができます。『鎖は一番弱い輪以上には強くはなれない』ということわざで私のことを評する人もいますが、このことわざは、まさにテクノロジーの核心をついていると思います」"

"「私はじっとしていられない性分です。"

アンドリュー・ハンコックは、Texas A&M大学に通うまで何を専攻すべきかはっきりとした考えはありませんでしたが、子どもの頃にKodak Fisher Priceというカメラを手にして以来、写真撮影が好きなことだけはわかっていました。ハンコックは執筆に関わるジャーナリズムの学位を取得しましたが、以前からある写真への情熱を仕事に生かすまでにそれほど時間はかかりませんでした。彼は1つの物語をできるだけ多くの方法で伝えたいと考えましたが、柔軟性という点でフォトジャーナリズムに勝るものはありませんでした。

"「私は、クライアントだけでなく、ストーリーテリングや追求する内容でも多様性を好みます」と彼は言います。"「私はじっとしていられない性分です。さまざまな変化が必要です。キャリアにおいては何か1つのことに集中しなければならないという考えにはまったく同意できません。やりたいことで一番になる、私が望むのはそのことだけです」"

現在、ハンコックは自らをアクション・ポートレートカメラマンと称していますが、彼の活動すべてを結びつける要素が行動です。彼のポートレートでは、その多くの被写体が物思いにふけっているか、周囲の環境が何らかの変化を見せます。おそらく、ハンコックは静的であるということを好まないのでしょう。彼を突き動かす力が、彼の作品のあらゆる側面を支えています。

"私が必要とするものすべて"

皮肉なことに、ただじっと座っている人は写真で活躍することはできません。業界はほぼ週単位で変化しています。ハンコックは、大学時代に撮影したフィルムを収めたバインダーをいまだに持っています。しかし、現在、それらのバインダーは、ハードドライブの山に囲まれたクローゼットの中に置かれています。ハンコックはこの大量のデータが減ってくれるのを待っていますが、そうはいきません。ファイルサイズはますます大きくなっており、彼のキャリアが深まるにつれ、クライアントのリストと、リクエストされるプロジェクトのサイズは増え続けています。

必要な容量が増えると、必要なスループットも大きくなります。スポーツプロジェクトの場合、1つのイベントに十数台のカメラを使用することもあります。1日の間に、これらのカードやドライブのデータを何度も集中ストレージに取り込んで処理、編集が行われるほか、可能な限りライブ感があるソーシャルメディアコンテンツとしてクライアントに提供されることもあります。ボトルネックが1つでもあれば、ワークフロー全体の進行が遅くなります。ハンコックのような創造力に富むプロフェッショナルの待ち時間が長くなれば、撮影に使用できる時間が短くなります。

容量とスピードという2つの要件により、ハンコックは長年にわたって多くのストレージを試してきました。

"「これまでに使用してきたハードドライブの種類は数えきれません」と彼は言います。"「しかし、繰り返し使用したのはG-Technologyでした。速度が最も速く、信頼性も最も高いと感じました。世界中を旅するのにもうってつけです。自宅で行う作業をどこにいても実行できます」" 結局のところ、ストレージ選択におけるハンコックの基準は、彼のビジネスモデル全体を反映しています。彼はキャプチャの速度を重視するビジネスに従事しています。強度、効率性、性能にもこだわりを持っています。カメラでの撮影に熟達しているのと同じように、ハンコックには当然これらの特性を持つ機器の選択眼があります。

"より大きくて高性能"

撮影中、画像はハンコックのカメラからノートブックを介して、G-DRIVE ev RaW SSDドライブに直接送られます。ログで簡単に追跡できるよう、ユニットにはアルファベットの文字が設定されています。数分でも空き時間があると、ハンコックかアシスタントがevドライブをev Bay Adapterを使用してG-SPEED Shuttleに装着し、万一に備えて2台目のevドライブにデータを複製します。こうすることで、ドライブをすぐに切り離すことができ、データは常に異なる2つの独立した場所に保存されます。

すべての荷物の量を考えて機材を最小限に抑える必要がある場合や、ファイルをクライアントに至急送る必要がある場合、通常ハンコックは作業やクライアントのニーズに応じてG-DRIVE Mobile Pro SSDかG-DRIVE Mobile SSDを使用します。プロトタイプの機器で作業している場合など、作業の秘密性が高い場合は、新しいArmorLock暗号化NVMeTM SSDを使用して、取り込みから納品、完了まで重要なセキュリティ機能を活用しています。

オフィスに戻ると、現場用のドライブを64TB1 G-SPEED Shuttleユニットにコピーします。これらのドライブに装備されたThunderboltTM 3ポートを使用すれば、ドライブを大容量ストレージにデイジーチェーン接続できるだけでなく、Thunderboltベースの64TB* G-SPEED Shuttleから超高速コピーもできます。これは、日々の仕事終わりのルーチンをできるだけ早く切り上げて家族のもとに帰りたいと考えているハンコックにとっては非常に重要な機能です。

"「私はアーカイブを設定する専門家ではないし、必要に応じて対応できるほどデータ管理に堪能ではありません」と、ハンコックは言います。"「最適な人材が自社にいなくても、G-Technologyにはそういった人材がそろっています。彼らから専門知識やサポートを得てビジネスを成功させて、より規模の大きい高品質の作品を作り上げるのが楽しみです」" G‐Technologyの外付けハードディスクドライブは、全体的なバックアップ戦略の一要素として機能します。最も重要なファイルは2つまたはそれ以上のコピーを作成し、個別のデバイスやオンラインサービスにバックアップまたは保存することをお勧めします。

G-Teamメンバーは、日頃仕事でG-Technology製品を使用する人々を代表する各フィールドのリーダーです。G-Teamメンバーは有償でこの活動に協力しています。

G‐Technologyの外付けハードディスクドライブは、全体的なバックアップ戦略の一要素として機能します。最も重要なファイルは2つまたはそれ以上のコピーを作成し、個別のデバイスやオンラインサービスにバックアップまたは保存することをお勧めします。

1ストレージ容量の単位は、1TB = 1兆バイトです。実際の有効容量は、動作環境により少なくなる場合があります。

その他のG-TEAMアンバサダー