グレッグ ジェイデン

旅行写真家兼映画監督

グレッグはカリフォルニアのマンハッタンビーチを拠点として活動する写真家/ビデオ撮影家です。ジェイデンはあらゆる形式のストーリーテリング、監督、映画撮影に非常に熱心に取り組んでいます。さまざまな組織と緊密に連携し、野生動物の保護、海洋保全、スピリチュアルな変容に取り組んでいます。冒険、アウトドア、旅と人を組み合わせ、ジェイデンは世界を股にかけた旅行関連の作品と卓越した情景表現で知られています。

gregg-jaden

「瞑想は総合的な創造性と明晰性をもたらします」とグレッグは言います。「正しいことを正しい時に行う瞬間を自然に感じるのです」

忍耐と情熱

「忍耐」はグレッグ ジェイデンが切り取る誰もが知る場面の1つとは言えませんが、その場面の背後にはグレッグが5年の間にどのようにして広告代理店のビジネスから世界を股にかける写真家、アーチストに変貌したのかが分かる物語があります。

スピリチュアルな世界を探求する人間であるグレッグは日々の瞑想により、発想と計画のバランスをとっています。これによりグレッグは自身の内部と周囲に蓄積されたエネルギーの両方に触れ、そのエネルギーを写真に注ぎ込み、得られたインスピレーションを最終的な作品に反映します。

「瞑想は総合的な創造性と明晰性をもたらします」とグレッグは言います。「正しいことを行うのに最適な瞬間を自然に感じるのです。モントレーにあるこの巨大な水族館を撮影する際に、この水槽パネルの前で、たった1つまたは2つの被写体からなるこの光景が思い浮かびました。とはいうものの、その場所は子供たちと大勢の人たちに取り囲まれていました。それでも、この感覚を体験し、その場面を着想したのです。閉館する際に、この最後の家族が出口の向かおうとする時、ご両親に子供たちが最後にもう一度水槽の魚を見て、私の前でポーズを取ってもらうように頼みました」

このようなスピリチュアルな発想で、ジェイデンは作品を鑑賞する人たちが溢れんばかりのイメージとコンテンツに囲まれているような業界で成功を収めました。ジェイデンの作品には、それを見る人に、スクロールを止めて「うわ、これは素晴らしい」 と言うような言葉には表せない要素があります。

独学で成功

5年前、グレッグはロサンゼルスの広告代理店の業界で生計を立てていました。この広告代理店が、ある業務で雇用したカメラマンには特に優れたところがなく、グレッグは自分ならもっと良い仕事ができると確信したのです。そこで、グレッグはカメラと数本のレンズを購入し、長期のオンラインのチュートリアルの受講を開始しました。間もなく、グレッグは業務で写真を撮影し、その写真がクライアントから認められたのです。

これに触発され、グレッグは日常の業務を続けながらも、夜には写真について勉強するようになりました。情景写真を撮影するハイキングの小旅行にも出掛けました。この代理店での収入は、グレッグがさらに多くの旅行に出掛け、カメラ機材を購入し、そのカメラセットで撮影経験を積むために使われました。グレッグは正式なクラスには登録したことはありませんでしたが、単に学びを得るために、他の写真家に無償でサポートを提供します。グレッグが写真や動画について学んだことはすべて、感じたことをすべて試すというような試行錯誤によるものでした。

「私の初期の作品はひどいものでした」とグレッグは思い返します。「ある時、私が練習のためレドンドビーチを長時間撮影した素材をロサンゼルスの旅行関連の出版社がそのWebサイトで取り上げました。その出版社に気に入ってもらえたのは大変うれしいのですが、その素材は今ではもう私のスタジオにはありません。私は一度何かを達成すると、常に次の段階を追い求め、自分を向上させるように努めています」

グレッグは初心者に対し、最初は多くを期待しないようにと警告します。クライアントは高い実績と能力に満ちあふれた経歴を探しています。クライアントは自社と業務を提供している業界を理解する請負業者を求めているのです。また、明確に目に見える形で、戦略の一部となる仕事ができるクリエイティブプロフェッショナルを求めています。グレッグはまた学習者に対し、写真と動画の両方の領域に取り組むように助言します。クライアントは静止画またはクリップ画像のどちらか1つを指定することが多く、その場合にも付加価値を付けて、優れたサービスを提供できるためです。

重要な機材

クリエイティブなビジョン、学習、マーケティングの他に、グレッグのようなプロの写真家は手持ちの機材の機能を利用します。

現場にて

グレッグは、さまざまなソニー製カメラを所有し、天の川の静止画、映画の映像の撮影、低速度撮影に使用しています。グレッグは足場が悪い場所での撮影には小さめの三脚を使用するように勧めます。また、「成人男性が暑さで倒れる」のを見てきた経験から、ジャングルでは電解質を用意するよう推奨しています。

ある日、グレッグはいつも通りに、4枚から6枚のサンディスク エクストリーム プロ 128GBメモリーカードを装着しました。ワークフローを継続的に進めるために、1日の終わりに、このコンテンツを安全かつ迅速にコピーする必要があります。ここ数年間、主力のポータブルストレージ製品として、G-DRIVE Mobile SSDとG-DRIVE ev RaW SSDを使用しています。これらのポータブルドライブは両方とも、耐久性の高い筐体で設計されており、衝撃や固い床などへの不意な落下から機器を保護します。重要なのは、グレッグがフラッシュカードに加えて、常に2つのデータコピーを保持することです。

「80キロ離れたジャングルを行き来し、巨大な洞窟や構造物に入り込んで、最終的にデータを失うようなリスクを冒すことはできません」と彼は言います。「私にとってストレージは最も大事なものです。にもかかわらず、これを持たずにいられる人がいるのは不思議でなりません」

最近、彼は初めて3種類のG-DRIVE mobile SSDを現場に持ち込みました。これらはグレッグが所有したことのある中で最も高速なSSDであるばかりか、その内の2台はシャツのポケットに入るほどコンパクトです。

「文字通り、どこにでも持ち歩けます。これを見ると誰もが『それは一体何?』と尋ねてきます。私はいつも、『見てみますか?』と手渡します。これはまさに私のお気に入りです。書き込みは非常に高速です。RAWスティルからなる4K、120FPSの膨大な動画データを送信しながらも、以前よりも速く夜間の仕事を終わらせています。近い将来に主流となる6K、8Kでの今後のプロジェクトの準備が完全にできていると感じています」

gteam-page-gregg-jaden-1200x1200-image5
gteam-page-gregg-jaden-1200x1200-image4
gteam-page-gregg-jaden-1200x1200-image3
gteam-page-gregg-jaden-1200x1200-image6

スタジオ内で

ようやく、カリフォルニアのマンハッタンビーチにある事務所に戻ると、8ベイのG-SPEED Shuttle XL with ev Series Bay Adaptersに直接プラグインできる簡単でケーブル不要の機能を備えたG-TechnologyのEvolution Series(ev)ドライブを使用します。G-SPEED Shuttle XLストレージソリューションは、カメラカードを最終的に消去する前に必要なハードウェアベースのRAID保護を備えています。

専用ソリューション

グレッグはG-Technologyのストレージを長年にわたり活用してきました。彼がプロとして成功するため、そして自信を持って重要なプロジェクトに取り組むための能力の重要な要素として、彼の所有する複数世代にわたる製品は無視できません。事業主として、必須ツールを特売で購入する危険性だけでなく、最も高価な製品を購入する誘惑に駆られる危険性を認識していました。クリエイティブプロフェッショナル向け専用のストレージソリューションを探すために行った調査がグレッグをG-Technologyに引き合わせることになりました。彼は製品展示会でG-Technologyの担当者の熱心さと先見の明に感心させられたのです。

G-Teamメンバーは、日頃仕事でG-Technology製品を使用する人々を代表する各フィールドのリーダーです。G-Teamメンバーは有償でこの活動に協力しています。

G‐Technologyの外付けハードドライブは、バックアップ体系の一部としてご利用ください。最も重要なファイルは2つまたはそれ以上のコピーを作成し、個別のデバイスやオンラインサービスにバックアップまたは保存することをお勧めします。

その他のG-TEAMアンバサダー

© 2019 Western Digital Corporation or its affiliates. All rights reserved.