あなたの制作を加速

G-SPEED Shuttle、G-SPEED Shuttle SSD、G-SPEED Shuttle XLデバイス

大規模な容量

現場やスタジオの複数のカメラの膨大なデータを1つのシステムで最大112TBのRAIDストレージを使用して管理します。

パフォーマンス

納期が厳しい場合は、G-SPEED Shuttleの超高速転送が頼りになります。G-SPEED Shuttle SSDは最大2800MB/s*の転送速度を発揮し、負荷の高いメディアオフロードや高度な編集作業に最適です。**

ハードウェアRAID

G-SPEED ShuttleデバイスはRAID 5に事前構成されていますが、冗長性のニーズに合わせてカスタマイズできます。8ベイのG-SPEED Shuttle XLでは、RAID 0、1、5、6、10、50、60、またはJBODに構成できます。4ベイのG-SPEED Shuttleでは、RAID 0、1、5、6、10、またはJBODに構成できます。

優れた汎用性

付属のev Bay Adapterアクセサリを使用すると、メディアワークフローを合理化できます。このアクセサリは、システムをカスタマイズして、さまざまなev Seriesドライブとリーダーからコンテンツをすばやくオフロードして保存できるように作られています。

耐久性と携帯性

G-SPEED Shuttleデバイスは、耐久性の高い筐体で、現場に輸送できるように作られています。特注のPelican Caseを併せて使えば、移動中の保護とセキュリティを強化できます。4ベイのG-SPEED Pelican Caseなら持ち運びも簡単です。

頼りになるのはプロフェッショナルです。

G-TEAMアンバサダーを務め、受賞歴のある映画制作者であるグラハム・シェルドンを訪ねて、G-SPEED Shuttle XLのスピードと耐久性を活用し、現場からスタジオに戻るまで、すべての重要な映像データを一元化し、保護する理由を伺いました。

*ストレージ容量の単位は、1テラバイト(TB) = 1兆バイトです。実際の有効容量は、動作環境により少なくなる場合があります。
使用可能な総容量は、動作環境およびRAID/JBOD構成により異なります。
**読み取り速度によって変動します。転送速度またはインターフェイスの単位は、1 MB/s = 毎秒100万バイトです。
社内テストの結果に基づきます。パフォーマンスは、ホスト機器、使用状況、ドライブ容量、その他の要因により異なる場合があります。

G-Technologyをフォロー