RAIDストレージ

RAIDについて

RAIDは、Redundant Array of Independent Disksの略です。ストレージシステム上でRAID機能が使用できると、システム内の複数のハードディスクドライブを接続して、単一の大容量ハードディスクドライブとして機能させたり、またそれらを1つのシステムドライブとして設定し、データを自動的に、しかも瞬時に複製し(ミラーリングを行い)、リアルタイムでバックアップを実行したりできます。

RAID 0 - パフォーマンス

RAID 0モードを設定の場合、RAIDを構成するドライブ全体でストライピングを形成します。RAID 0に設定している場合、データの冗長性は確保されませんが、パフォーマンスを最大化します。RAID 0ではデータを小さなセグメントに分割し、それぞれのデータセグメントをストライプを構成するすべてのドライブに保存します。

RAID 1 - データ保護

システムをデータ保護モード(ミラーモードまたはRAID 1)に設定すると、データ保存が可能な容量は全体の半分になります。ストレージ容量の半分をデータ保存用に使用し、残り半分を同じデータのコピーを保存するために使用します。これにより、1台のドライブに不具合が生じたとしても別のドライブに同じデータが保存されているため、データの復元が可能になります。

RAID 5 - データ保護とスピード

3台以上のハードディスクを搭載している場合は、RAID 5に設定することをお勧めします。RAID 5に設定することで、パフォーマンスの高速化と耐障害性の向上の両方を兼ね備えることができます。データを複数のドライブに分散して保存することで高いスピードを実現し、各ドライブの1/4の容量をパリティに割り当て残り3/4をデータ領域に確保することでデータ保護を実現します。

RAID 10 - 信頼性とパフォーマンスの強化

RAID 10またはRAID 1+0では、RAID 1(ミラーリング)セグメントをストライピングすることで、超高速なデータ転送速度を実現します。このRAIDモードは、高速データ転送と高い耐障害性を必要とする業務データを保存・管理するシステムに最適なソリューションです。RAID 10モードでは、全ドライブの総容量の半分をデータ格納領域として使用できます。

JBODおよびスパニング

JBODでは、RAIDを構成することなく、複数のドライブを独立した論理ボリュームとして使用します。また、スパニングモードでは、すべてのドライブを結合して1つの巨大なボリュームとして使用します。このモードを使う利点は、システムをフォーマットし直さずにドライブを追加できることです。

© 2019 Western Digital Corporation or its affiliates. All rights reserved.