SSD対HDD

最適なドライブを選択する
SSDとHDD、どちらが適している?

答えはあなた次第であり、コンピューターの使い方にもよります。どちらにもメリット・デメリットがあります。
sd-vs-hdd-ssd
SSD

組み込みフラッシュドライブなどのソリッドステートドライブ(SSD)は、ますます人気が高まっています。可動部がないため、データの読み取り、書き込み、アクセスをHDDよりも高速に行うことができます。多くのコンピューターやタブレットには、従来のハードドライブではなく、SSDがプリインストールされるようになりました。ソリッドステートドライブは通常、データへのアクセスを高速化し、アプリの動作を速め、コンピューターの起動時間を短縮します。

迅速なファイルアクセスに最適

アプリケーションの高速化に最適

起動時間の短縮に最適

ssd-vs-hdd-hdd
HDD

ハードディスクドライブ(HDD)は、何十年もの間、信頼できるデータストレージデバイスでした。通常、SSDよりも低価格で、大容量のものを利用できます。最大のメリットは安価に大量のデータを保存できることです。しかし、可動部があること、振動の発生、高温は、常にHDDの潜在的な問題でした。

大量のデータの保存に最適

コスト効率が高い

SSDとHDDのどちらが適切かを判断する際には、主な領域として、耐久性、容量、速度に注目しましょう。
HDDとSSDではどちらが耐久性が高いでしょうか?

SSDはHDDよりも重量が軽く、消費電力が低く、可動部がないので、実質的に振動が発生しません。また、HDDよりも偶発的な落下に耐えることができます。SSDは「セル」に電子的にデータを格納するため、回転式のHDDよりもデータに高速にアクセスできます。

一般的にSSDは、携帯時や偶発的な落下に関しては、HDDよりも耐久性が高くなります。My Passport SSDなど一部の高耐久性SSDでは、最大1.98メートル(カーペット敷きの床)の高さからの落下に耐えることができますが、同じ落下による衝撃でHDDデバイスでは損傷する可能性があります。

HDDはコスト効率がSSDよりも高いため、金融、政府機関、データセンターなどの大規模な機関で今でも利用されています。大量のデータを扱う場合、コストはすぐさまその要因になります。外出先で作業する際に耐久性が重要になる場合は、ArmorATDのようなポータブルドライブなら、外的な衝撃や振動に耐えることができます。

ArmorATDおよびMy Passport SSD
G-SPEED Shuttle XL with Thunderbolt 3
どれくらいの容量が必要?

ドキュメント、写真、音楽、マルチメディアなどの個人データ量は、急激に増加しています。HDビデオファイルや高解像度の写真が今まで以上に増え、信頼性の高いストレージ容量がますます求められています。

ソリッドステートドライブは速度に重点を置いて設計されているので、必ずしも大容量とは言えません。そのため従来のハードドライブが必要になります。HHDはSSDよりもコスト効率が高く、1台のデバイスで最大14TB(G-TechnologyのG-SPEED Shuttle XL with Thunderbolt 3などのマルチドライブRAIDデバイスでは100TB*以上)の大容量で利用できます

*ストレージ容量の単位は、1GB = 10億バイト、1TB = 1兆バイトです。実際の有効容量は、動作環境およびRAID/JBOD構成により異なる場合があります。

ドライブの容量* 音楽1 またはビデオ2 または写真3
500GB 125,000 30 80,000
1TB/1000GB 250,000 60 160,000
2TB/2000GB 500,000 120 320,000
4TB/4000GB 100万 240 640,000
6TB/6000GB 150万 360 960,000
8TB/8000GB 200万 480 128万
12TB/12000GB 300万 720 192万

*メディア列の値は、それぞれのメディアのみのストレージの目安を示しており、複数またはすべてのメディア列を組み合わせたものではありません。

1曲数は3.5MBのMP3ファイルに基づいています。保存可能な曲数は、あくまでも目安です。実際の数値は、コンテンツ、ファイル圧縮、ファイル形式、ファイルサイズ、ホスト機器、プリロードされたファイル、設定、ソフトウェア、その他の要因によって異なります。

2ビデオの時間は、1920x1080フルHDで30fps、145MB/分、DVフォーマットに基づいています。保存可能なビデオの時間は、あくまでも目安です。実際の数値は、ビットレート、コンテンツ、ファイル圧縮、ファイル形式、ファイルサイズ、ホスト機器、プリロードされたファイル、解像度、設定、ソフトウェア、その他の要素により異なります。

3写真数は、16MP、5.5MBのJPEGファイルに基づいています。保存可能な写真数は、あくまでも目安です。実際の数値は、解像度、コンテンツ、ファイル圧縮、ファイル形式、ファイルサイズ、ホスト機器、プリロードされたファイル、設定、ソフトウェア、その他の要素により異なります。

実際にはどれくらいの速度が必要でしょうか?

SSDは、HHDよりも高速にアクセス、読み取り、書き込みできます。SSDは、「セル」を介して電子的にデータにアクセスし、数千回の書き込みと書き換えが可能です。

HDDは回転プラッタとアクチュエータアームを利用して、プラッタ上のデータを検出し、その場所に移動してデータを読み取ることでファイルにアクセスします。

特に大量のファイルを処理する場合は、高速性がビジネスで強みになります。

WD Red SA500 NAS SATA SSD
WD Black Performance Mobile HDD

WD Black Performance Mobile Hard DriveとWD RedSA500 NAS SATA SSD
特に大量のファイルを処理する場合は、高速性がビジネスで強みになります。
ssd-vs-hdd-gaming
ゲーム

高速なSSDやHDDは、ゲームのロード速度が強みとなり、ゲームデータに高速でアクセスできます。

ssd-vs-hdd-os
オペレーティングシステム

HDDをSSDに交換するか、SSDをHDDシステムに追加すれば、起動時間を大幅に高速化し、アプリケーションのロード時間を短縮できます。

ssd-vs-hdd-transfer
高速データ転送

高速のHDDやSSDは、データの転送、書き込み、読み取りにかかる時間を大幅に短縮します。これは、サイズの大きなファイルや大量のファイルを管理するときに重要です。

ssd-vs-hdd-file-access
クイックファイルアクセス

SSDには可動部がないため、プラッタを回転させてファイルを見つける必要があるHDDよりも高速でファイルにアクセスできます。

ハードディスクドライブを探す

Western Digitalでは、容量が500GB~14TBまでのさまざまなハードディスクドライブを製造しています。

ソリッドステートドライブを探す

Western Digitalでは、さまざまな容量とフォームファクターを備えたSSDを製造しています。