内蔵ドライブ WD Purple™ Pro監視システム用ハードディスクドライブ
から Western Digital

{{variantCategoryOption.variantCategoryLabel}}

{{variantCategoryOption.variantCategoryLabel}}

{{inventory.prices.list.amountFormatted}}

{{inventory.prices.list.amountFormatted}}

{{inventory.prices.sale.amountFormatted}}

{{customPromotionInfo.ctaLabel}} {{customPromotionInfo.ctaLabel}}

在庫状況 : {{inventory.stockAvailabilityMessage}}

{{customPromotionInfo.ctaLabel}} {{customPromotionInfo.ctaLabel}}

30日間返金保証

|
5年間の製品保証
5年間の製品保証

{{inventory.prices.list.amountFormatted}}

{{inventory.prices.list.amountFormatted}}

{{inventory.prices.sale.amountFormatted}} / {{inventory.prices.sale.billingPlanName}}

{{customPromotionInfo.ctaLabel}} {{customPromotionInfo.ctaLabel}}

在庫状況 : {{inventory.stockAvailabilityMessage}}
Please enter a valid number

{{customPromotionInfo.ctaLabel}} {{customPromotionInfo.ctaLabel}}

30日間返金保証

|
5年間の製品保証
5年間の製品保証

スマートビデオソリューション向けの高度なストレージ

WD Purple™ Proドライブは、大容量、パフォーマンス、ワークロード性能を必要とする高度なAI対応レコーダー、ビデオ分析サーバー、ディープラーニングソリューション向けに作られています。

特長:

  • ハイエンドのスマートビデオソリューションに必要な高度な機能を発揮
  • 高度なAI対応レコーダー、ビデオ分析アプライアンス、ディープラーニング用サーバー、RAIDやJBOD構成のクラウドベースのストレージに対応するハイパフォーマンス、信頼性、ワークロード性能。
  • 最大550TB/年のワークロード率をサポート2
  • 厳しい環境に対応するさびにくい変色防止加工部品を使用し、堅牢性を強化しマルチベイ筐体に対応

製品の詳細

高度なスマートビデオソリューション向けのストレージ
WD Purple™ Proドライブは、新世代のハイエンドAI対応レコーダー、ビデオ分析アプライアンス、ディープラーニング用サーバー、クラウドソリューション向けに作られており、ハイパフォーマンスで優れたワークロード性能を備えた大容量ストレージを活用できます。  WD Purple ProドライブはAllFrame™ AIテクノロジーを採用し、フレーム損失を減らし、全体的なビデオ再生を改善し、カメラごとに複数のストリーム動画を録画できるだけでなく、システム内でディープラーニング分析用にドライブあたり最大32台のAIストリームをサポートします。  またWD Purple Proドライブは、特に動作時に振動が発生する大規模なシステムや筐体で、エンタープライズクラスのパフォーマンス、データの整合性、ドライブの信頼性を発揮します。

スマートビデオソリューションを強化
Western Digitalはハードディスクドライブ業界における世界のリーダーです。WD Purple™ Proスマートビデオ用ストレージは、高度な常時稼働のAI対応スマートビデオレコーダー、アプライアンス、サーバーに対応する、ハイパフォーマンス、耐久性、ワークロード性能を発揮します。  ストリーミング・保存されたビデオから効率的に価値とインサイトを引き出す、先進のWD Purple Proスマートビデオ用ストレージなら、よりスマートにデータを活用できます。

Western Digital独自のAllFrame™ AIテクノロジー
すべてのWD Purple™ ProドライブにはAllFrame AIテクノロジーが搭載されており、ATAストリーミングを強化してフレーム損失を減らし、全体的なビデオ再生を改善するだけでなく、システム内でディープラーニング分析用に最大32台のAIストリームをサポートします。

複数のカメラで複数のストリーム
最新のレコーダーは、各カメラで複数のビデオストリームをサポートするようになりました。  WD Purple™ Proドライブは、最大64台のHDシングルストリームカメラ4をサポートするように最適化されており、複数のストリームを送信する最新のスマートカメラにも対応します。  この柔軟性により、将来的にセキュリティまたはスマートビデオソリューションをアップグレード・拡張できます。

高度なシステム向けの高度なワークロード性能
WD Purple™ Proドライブは最大550TB/年2のワークロード率を発揮し、高度なAI対応レコーダー、ビデオ分析アプライアンス、ディープラーニング分析サーバー、クラウドベースのストレージで実行される大量のビデオデータのキャプチャと分析をサポートします。  ストリーミングの最適化、強化された耐久性、信頼性を併せ持つ、WD Purple Proスマートビデオ用ストレージはすべての分析サーバーに最適で、カメラから直接ストリーミングされたビデオの処理にも、大量にキャプチャされたビデオデータセットの処理にも対応します。

高度なハイパフォーマンススマートビデオ用ソリューションで安定した稼働を実現
最大250万時間3 (12TB、14TB、18TB1)のMTBFのWD Purple™ Proドライブは、24時間365日稼働する高度なスマートビデオソリューション向けに作られています。さびにくい変色防止加工部品を使用し複数ベイをフルサポートするWD Purple Proドライブは、厳しい環境下の大規模な監視システムでも安定した稼働を実現します。

現場で実証済みの大容量
現在は第6世代となり、現場で実証済みのHelioSeal™テクノロジーを搭載した大容量のWD Purple™ Proハードディスクドライブ(12TB、14TB、18TB1)は、AI対応スマートビデオとディープラーニング分析の超大容量のストレージニーズに対応します。

WDDAによるプロアクティブなストレージ管理
Western Digital® Device Analytics™(WDDA)は豊富なストレージデバイスパラメトリックの運用および診断データを対応システムに提供することで、アルゴリズムがデータを解釈し、特定の推奨アクションをシステム管理者に警告するようにシステムに指示し、潜在的な問題に対処できるようにします。  WDDAは、OEM、システムインテグレーター、ITプロフェッショナルが、サポートされているストレージデバイスをより適切に監視しプロアクティブに管理して、最適な動作を維持できるようにすることを目的としています。
詳細

5年間の製品保証
Western Digitalは、業界をリードするハードディスクドライブメーカーとして、WD Purple™ Proスマートビデオ用ストレージに5年間の製品保証を付帯しています。

全仕様

容量
8 TB
フォームファクター
3.5 Inch
キャッシュサイズ
256 MB
インターフェース
SATA
コネクタ
SATA
Disk Speed (RPM)
7200rpm
転送速度
up to 265MB/s
サイズ(LxWxH)
147mm x 101.6mm x 26.1mm

製品番号

8 TB , 256 MB
WD8001PURP
10 TB , 256 MB
WD101PURP
12 TB , 256 MB
WD121PURP
14 TB , 512 MB
WD141PURP
18 TB , 512 MB
WD181PURP

What capacity do you recommend for my surveillance?

Check Compatibility

Use this convenient Surveillance Compatibility Selector to find which WD drive is compatible with your Surveillance system.

評価とレビュー

補足

  1. ストレージ容量の単位は、1TB = 1兆バイトです。実際の有効容量は、動作環境により少なくなる場合があります。
  2. ワークロード率は、ハードディスクドライブに相互転送されたデータ量として定義されています。  年間ワークロード率(転送済みTB ✕(8760 / 記録された電源オン時間))。ワークロード率は、お使いのハードウェアおよびソフトウェアコンポーネントと構成により異なります
  3. 予測値。最終的なMTBFおよびAFRの仕様はサンプル母集団に基づき、ワークロード220TB/年、ドライブ温度40°Cで、一般的な動作条件の下、統計的測定と加速アルゴリズムによって推定されます。  MTBFとAFRのディレーティングは、これらの母数を超えて、年間最大550TBの書き込みと65°Cのドライブ温度で実行されます。  MTBFおよびAFR率は個々のドライブの信頼性を予測し、品質を保証するものではありません。
  4. カメラごとのシングルストリーム @ 3.2Mbps(1080p、H.265、25 fps)。  結果は、カメラの解像度、ファイル形式、1秒あたりのフレーム数、ソフトウェア、システム設定、ビデオ品質、その他の要因によって異なる場合があります。